食べ物の好き嫌いをどう克服していくのかについて

5歳になった長男の話です。食べ物の好き嫌いが多く、だいぶ悩まされてきました。幼稚園に入った当初は、給食をご飯一口ほどしか食べられず、通うことさえも嫌がって泣きながら幼稚園に通っていました。担任の先生がベテランでとても親身になって対応して下さったこともあり、2週間程で泣かずに通えるようにはなりましたが、給食はほとんど食べずに帰ってくる状態…。その反動で、家に帰って来てから普通にお昼を食べ直す日が続きました。家でも苦手な野菜を中心にいろいろ工夫したり、少しでも喜んで食べられるようにと考えていましたがなかなかうまくいかない日々。しかし、やはり集団生活での友達の影響はすごいですね。周りの友達がおいしそうに食べているのを見ているうちに、自分でも食べてみようかなと思う気持ちが芽生えてきたのです。先生に「今日は~を食べられましたよ!」と伝えて頂く日が増え、長男も先生や私に褒められることでどんどん苦手なものを食べることへの自信がついていきました。今でも苦手なものはありますが、最近では「食べてみる!」と何でもチャレンジしているので、その気持ちを大切に親子で頑張っていきたいと思います。
低身長男子

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です