融資が残っている場合でもモデル判定は大丈夫?

“マイカーの購入料金は、ユースドカーも数十万円、数百万円する大きな買い物だ。
本来小遣い一括払いで購入するのが理想ですが、不景気の目下、そんなに小遣い一括ができるお客様がいるわけではないでしょう。
そのためにあるのがクルマ貸し付けだ。
意外と低利回りで築ける貸し付けということもあり、財貨に余裕があるお客様もこれを利用してマイカーを購入するに関してが多いようです。
マイカーを買い換える際は十人十色ですが、中には貸し付けが皆済していないのに置き換えたいという方もいるでしょう。

では、そのクルマ貸し付けの残債が残っている状態でマイカー判断を受ける事はできるのでしょうか。

これについてはマイカー判断は問題なく可能です。
ですが、あくまでマイカー判断を受けるだけ、ということになります。
貸し付けの残債がある状態、その所有権は貸し付けを組んでいらっしゃる金融機関におけるケースがほとんどです。
本人は様相前述とはいえ、貸し付け企業からマイカーを借りて乗っているに過ぎないのです。
つまり持主は貸し付け企業なので勝手に譲る事が出来ません。

ただ、どうしても売れないという訳ではありません。
所有権解除することによって自分の持ち物として、こういう順序を踏んでおけば並べる事が可能です。
その所有権解除するためには、一番は貸し付けの残債を完済する事です。
それにより自動的に所有権は自前となります。
ただ額によっては皆済できないに関してもあるでしょう。
人によってはマイカーを売った料金で完済するつもりの方もいるでしょう。
ですが、売ってから返還は順序が違うので、基本的には無理です。

ただ業者によってはそんな過程を通じて得る職場もあるので、マイカー判断の際に相談してみるといいでしょう。