肌を覆う、紫外線を浴びない、肌を健康に…の3本柱で!

シミを作らないためにまず心掛けているのは、直接紫外線を浴びないようにUV手袋やストール、夏場はラッシュガードなどの衣類を着用すること、また、つばの広い帽子やUV日傘を面倒くさがらず使用することです。どうしても覆えない顔などは日焼け止めクリームを塗るようにしています。
次に、紫外線の強い時間の外出はなるべく避けるように家事や仕事をする時間を調節しています。特に夏場の10:00頃から15:00頃は外出を避け、夕方や朝のうちに移動してしまうようにしています。実は、子どもが小さい頃は美容より育児を優先させざるを得ず(幼稚園の送り迎えや日中の外遊びなどため)こういった行動は難しかったのですが、今は子どもも大きくなり、仕事も比較的時間に自由な形態のため、こういった対策が可能になりました。
最後に、肌の状態をなるべく健康に保つようにしています。具体的には、日頃より保湿心掛け、バランスの良い食事や適度な運動、睡眠時間をできる限り取るようにしています。これは肌のターンオーバー(細胞の新陳代謝)サイクル適正に保とうと思い実践しています。このサイクルが適正だと紫外線の防壁となり得る皮膚細胞の壁が最大限役目を果たしてくれると聞いたからです。また、シミができても肌細胞の代謝により、より早い日数で新しい細胞に置き換わるとか。
昨今、紫外線だけでなく、近赤外線も肌に悪影響があるという話を聞くようになりましたが、基本的には肌を覆う、浴びない、肌の健康を保つといった方法で良いと知り、今後も同様の対策を続けて行こうと思っています。
http://ceshrell.top/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です